バビルサの頭骨(レプリカ)

バビルサ頭骨のレプリカ標本です。

近年、密猟や森林伐採の影響で年々個体数が減少しており、インドネシアの国法によって保護されている動物です。

バビルサはイノシシ科の動物ですが、大きな牙が角のように見えるため、シカイノシシとも呼ばれています。最大の特徴は頭に向かって湾曲しながら伸びる牙で、伸び続けると自分の目の前に牙がある状態になります。
「最後には伸びた牙が自分の頭に刺さり死に至る」という噂から、自分の死を見つめる動物とも呼ばれています。
また、この牙はオス同士の喧嘩によって折れることもあり、より立派な牙を持つ強いオスがメスと交尾することができます。

サイズ
頭骨:約27.4L x 15.3W x 19H (cm)

素材:樹脂
販売価格 74,000円(税抜)
購入数


    

おすすめ商品


博物マステ ウニ

500円(税抜)


博物マステ 蛍石

500円(税抜)


博物マステ 放散虫

500円(税抜)


Light Base

5,200円(税抜)


Ranking

Top