ダイオウウニ属の一種(小)B

鮮やかな赤色が目を引く、ダイオウウニ属の骨格です。

ウニの骨格の色は、ありのままの天然色。
白いイボイボは、トゲの生えていた箇所です。
色の濃さや範囲は、個体によって異なりますが、
こちらは赤と白のコントラストが特に美しい標本です。

フィリピン沖、水深250mの深海から採取されました。
他のウニに比べても希少なウニの骨格標本です。

___________________________

現在ウサギノネドコ京都店で開催中のウニ展では、ダイオウウニのほか、世界中から集めたウニの標本が並びます。
ぜひこの機会に足をお運びください。

「ウニ展」
http://usaginonedoko.net/info/?id=2525

■期間  2018年6月1日(金)〜9月26日(水)
■定休日 木曜日
■時間  11:00〜18:30
■場所  ウサギノネドコ京都店 ミセ
(京都市中京区西ノ京南原町37)



産地:フィリピン バラット島
(Balut Island.Philippines)
サイズ:直径 約60mm x 高さ 約35mm
販売価格 18,000円(税抜)
購入数


    

おすすめ商品


スターチス

3,580円(税抜)


ケンタウレア

3,580円(税抜)


Light Base

5,200円(税抜)


タンポポ (4cm角)

5,980円(税抜)


ホンナガウニ(uninoco)

4,980円(税抜)


Ranking

Top